人の恋バナに付き合ってみた

URLをコピーする
URLをコピーしました!

僕が喧嘩の原因を作ってしまったようでして若干心が重い状態なんですけど、ある一面から見ると恋バナに付き合わされたような。。。というのが今回のお話です。

目次

50過ぎても恋ってするんだぜ

若い人に力説したい!50過ぎても恋をする!
「気持ち悪い」とか心の中に思っていいけど、口に出して言わないでください。50過ぎて独身の人だっているわけです。それも一人や二人じゃないので、必然的に惹かれ合ったりするわけです。そりゃ相手もそれ相応の年齢を重ねていたりしますから、若いときのように肌の張りもありませんし、毛髪だって薄くなってると思うし、老眼鏡がないとロクに字が見えなくなったり、丸かったお尻が四角になったりしています。全部認めます。でも、そんな50過ぎいても「恋」するって知っておいてほしい。もし今誰も恋する人がいなくても、50過ぎて現れるかもしれませんよ。明るい希望が見えてきたでしょ。というのが僕の気持ちですが、この部分はプロローグ。

映画に誘ってみたんだけどさ

ここからが本題です。ちょっと元気がない独身女性がいたので映画に誘ってみました。体目当て的な下心ゼロですよ。そんなギラギラしていないし。もちろん他の男性とお付き合いしているなんて知りませんから、なんの悪気もなくお誘いしました。快く承諾してもらって、「じゃ、○○日ね」とか言ってて、メッセージでも「映画を楽しみにしている」とか来たので、本当に楽しみにしているんだろうなと思っていたところでした。ところが元気のないメッセが飛び込んできたのです。

彼氏さんに「僕と映画に行くって言ったら、『ひどい人』だ」と言われたんだそうな

ま、言いますよね。言いますよ。言います言います。嫉妬しているんでしょ。好きだったら嫉妬もするでしょ。するする。
それで喧嘩になって険悪な雰囲気になっているらしいです。そりゃなるでしょ。
ところが誘ったのが僕ですから、大きな責任は僕にもあるわけです。シネコンの入り口で待ち伏せされて刺されても文句言えないかもしれません。ということで「映画デートの座を彼氏さんに譲ってもいいですよ」とか伝えてみたんですけど、これがですね…変に意固地になっているのです。

で、この辺から恋バナ的な流れになるのですが、恋バナって上手な人と下手な人がいるんだなってちょっと思ったりして、ちゃんと面白く話さないと恋バナもイマイチな感じになるものです。いやいや話をもとに戻しましょう。

しばらく時間を置いてみましたが、本人の元気HPは減少し続け今やゼロ。僕が「謝って仲直りしたら?僕と映画にいかなくても彼氏と行けばいいし。彼氏も見に行きたいんじゃない?」とか声掛けしました。返ってきたのは「謝る?私悪いことしていないのに?」とのこと。そうでしょ。恋人以外の人と映画ぐらい行っても、悪いことじゃありませんよね。映画で浮気とか言われたら、こっちだって「あんたが映画に誘っていれば良かったんじゃないの?」ぐらいの文句を言ってしまいそうです。でも、刺されたら文句言えないかもしれません。で、

謝るというのは「相手の気持への配慮」

謝っちゃえばいいと思うのです。悪いことをしたら謝らないといけませんが、それ以外でも謝っていい。非を認めるとか認めないとかではなく、相手の気持ち、それは怒りではなく、寂しいとか、大事にされなかったと感じたことに対する配慮として謝っていい。それで水に流せるものがあるのであれば、水に流したほうが良いと思うのです。でしょ。

「水に流す」のは大人の嗜み

「嗜み」という表現があっているかどうか微妙ですが、僕の考えているニュアンスとして「嗜み」はマッチしていると思います。「心がけ」ということなんですけど「嗜み」なんです。ということで僕の余計な声がけで、痴話喧嘩を引き起こしてしまい、僕自信が反省しているということと、それでも大人なんだから(本当に悪いことしてないんだから)水に流して仲直りすればいいのに、という結構どうでも良い投稿でした。

では、また。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる