「私のことをどうか、忘れてもらえたら幸いです」という話

URLをコピーする
URLをコピーしました!

小学校の同級生の友人が飛び降り自殺をしました。30代なかばで自ら命をたったそうです。
今年の3月までは元気でLINENのやり取りをしていたそうですが、それから2ヶ月間に何があったのか知る由もありませんが、悲しい現実から目をそらさないで考えてみたいと思います。

目次

お母さんの文章から

「母です。
娘をしっていて、娘を嫌いでなければ読んであげて下さい。
先月のに、娘 (36)は、マンションの9から飛び降り自殺していました。
今までの事を、反省した内容の動画と感謝し他内容、とくに、多かったのは。後悔、そして、最後に『私のことをどうか、忘れてもらえたら幸いです』
すみません?私も、まだ頭が混乱しております。
今まで、うちの子供に、優しくしてくれた方がほんとうにありがとうございました。」

お名前だけ伏せましたが、あとはそのまま掲載しました。

人は最後の瞬間まで希望と幸せを諦めなくて良い

ということをブログの記事にしたことがあります。

あわせて読みたい
人は最後の瞬間まで希望と幸せを諦めなくて良い 先日、インターネットを覗いていてみつけた記事。「人生が終わる18時間前に結婚した花嫁が教えてくれたこと」という内容。 tabi-labo.com 【読者への質問】 この投稿の...

しかし、みんながみんな、そうな風に思えるかどうかは分かりませんものね。
彼女もおそらくは、希望と幸せを諦めてしまったのでしょう。
お母さんの文章の中にある

『私のことをどうか、忘れてもらえたら幸いです』

という言葉に心が震えます。

忘れないことが、なくなった方への供養になるのに。

忘れないことが、なくなった方への最後の優しさになるのに。

忘れないことが、同じ過ちを繰り返さない戒めになるのに。

誰でも、後悔することなんて山のようにある

同じくらい誰かに感謝することもあるでしょう。誰かから感謝されているかもしれません。なくなった方のことを「自らの希望」のように思っていた人もいるかも知れません。
しかし、彼女は『私のことをどうか、忘れてもらえたら幸いです』と書いたんですよね。

何かを傷つけてしまったら償えばいい。命で償うのは最後です。

何かを成し遂げることができなかったことは、諦めてもいい。できないことを知るのは罪ではありません。

嫌いな人がいれば、好きな人だって絶対にいる。

歴史上の偉人でもない限り、忘れさられるでしょう。でも、そんなものは時間に任せておけばいいのです。

なんか悲しいですよね。同じ時間を生きてきたのに、「忘れてほしい」と望む人がいるなんて。

という投稿でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる