インプレッサ復活

URLをコピーする
URLをコピーしました!
f:id:benzpapa:20170704201415j:plain
目次

インプレッサが戻ってきた

預けて約3週間。ようやくインプレッサが戻ってきた。代車から自分の車に切り替わった瞬間の運転が一番面白い。自分の癖や好みがよくわかるからだ。

2,000cc AWD EyeSight

デミオの1,300ccと比べると明らかに低速のトルクがある。6速ATのデミオとCVTのインプレッサの違いもあるが、軽にも抜かれるインプレッサの出足であってもデミオよりはるかに力強い。最初の500mばかりデミオのつもりでアクセルを踏んでしまったので、ちょっとばかり荒々しく発進してしまった。

台風も過ぎ去ってしまったが

まだ少しばかりの名残もあり水たまりもあるし、時折横からの強風もある。しかし、水平対向エンジンで低重心かつAWDのインプレッサは揺るがない。また、80km以上の高速運転時の安定性はデミオと言わず他車より一歩リードする安心感だ。

CVTおじさん

フィット、ワゴンR、N-ONE、インプレッサとCVT者を乗り継いでしまったので、もう心も体も完全にCVTおじさんである。CVT独特の加速感が好きなのだ。「これはいける!」素直にそう思った。スポーツモードに入れて、いつもの峠道。乗り慣れた車との一体感はどこまで走っても気持ち良い。これで仕事のモチベーションも上がってくるというものだ。

結局

もう一度、デミオの良かったところと良くなかったところを整理しよう。

  • 良かったところ
    • シート
    • 燃費
  • 良くなかったところ
    • ローギア設定で回転数は上がるけどスピードが出ない

また明日からインプレッサで通勤だ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる