MacBookのキーボードカバー

URLをコピーする
URLをコピーしました!

以前の投稿で紹介しましたとおりMacBookにはキーボードカバーを付けています

あわせて読みたい
MacBookのキーボードカバー 【性能ではないが】 12インチのMacBook、性能については特に問題を感じることなく普通に使えている。今は太ももの上に乗せて打っているが、先日の投稿の通り熱くなるこ...

前の記事を読んでいただくのも恐縮なので簡単に理由を書き出しますと、1番の理由は「第2世代のバタフライキーボードは微細なゴミの侵入に弱いらしい」。2番めの理由は「第2世代バタフライキーボードのタッチ音がパチパチと耳障り」。
で、この時のタイミングのキーボードカバーから、さらに良いものを見つけて付け替えました。
今、何を使っているのかといえば、

f:id:benzpapa:20180103215945j:plain
上の写真の派手なカバーは、練習に練習を重ねてもタイピミスを連発してしまいます。カバーが指のブレーキの役割を果たしてしまうわけです。
そこでネットでも評判がいい「moshi Clearguard 」にしてみました。
ブレーキ感が弱くタイプ音は変わらず静かなので、使用時には好印象を持っています!もちろんキーボードの中にゴミは入りません。

ここから今回のブログの趣旨です。
ひとつになる点があります。次の写真をどうぞ!
f:id:benzpapa:20180103220305j:plain
キーボードカバーにやや曇った部分があるの分かります?光の加減ではなく、タイピングする時に指の脂が汚れとして付いてしまっているのです。微妙にというより、はっきりと見た目が悪い。これがね〜…タイピングのモチベーションを下げるんです。派手なカバーは汚れは目立だちませんがタイプミスは痛い。妥協案として「moshi Clearguard 」をたまに中性洗剤で洗うようにしてみました。「洗う」という選択はかなり正しいようで、もう1枚ぐらい予備で買っておいても良いかなと思っている次第。

話は変わりますが、家の玄関に置いているバラの花が咲きました。
f:id:benzpapa:20180103220833j:plain
初春に花開くなんて粋なバラです。かけた愛情に応えてもらったようで、とても嬉しいものです。

では、また次回!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる