Keychron K8がやってきた!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こういうのをキーボード沼というのだろう。この間、愛用のHHKBのキートップを交換してプチ散財したばかりだというのに、新しいキーボードを買ってしまった。

目次

ということで、箱はこちら!


f:id:benzpapa:20210116110947j:plain
中身を取り出してみると
f:id:benzpapa:20210116113257j:plain
カラーとしては地味な印象。

先週の火曜日に届いていたのだが、なかなか時間がなくて開封できずにいた。10キーレスだけどカーソルキーを(無理やり)ねじ込んでいないので、意外とコンパクトさがない。思っていた以上に大きい。HHKBと比較してみよう。
f:id:benzpapa:20210116113442j:plain
手前がHHKBで奥がKeychron K8だ。HHKBのコンパクトさが際立つ。

Keychron K8はメカニカルキーボードで選んだのは茶軸。青軸みたいにカチャカチャ言わせたくなかったし、かと言って赤軸のように打鍵感が薄いのも嫌だなと思った。よって真ん中の茶軸。押圧がHHKBと同じ45gというのも選択理由のひとつ。

さて、実際に打ってみての感想だけど打鍵感は良い。HHKBに慣れているからというのもあると思うけど、45gの打鍵感はすこぶる良い。ただし、思った以上にカチャカチャというかな。これは兄貴が寝ているときにこのキーボードを打っていたら、多分怒られるパターン!夜、兄貴が寝たらコレまで通りにHHKBで入力していったほうがいいだろうね。

あと光るよね

f:id:benzpapa:20210116113714j:plain
f:id:benzpapa:20210116113735j:plain
ゲーミングキーボードみたいで少しだけ嬉しい。キーを押すとイルミネーションがパーッと左右に広がったりすることもできてテンションも上がる。バッテリー持続時間が減るので常時光らせたりしないと思うけど、人に見せびらかす(事があるのか微妙だけど)ことがあれば楽しいかも。

発送時はMac仕様になっているけど、キートップを交換することでWindows仕様に変更することもできる。

これまで修飾キーの変更には⌘英かなというアプリを使っていたのだがこれだとKeychron K8を使用中に痒いところに手が届かないので、Karabinerをインストールした。どこが痒いのかというとCapsLockキーだ。
f:id:benzpapa:20210116113906j:plain
日本人は使わないのに結構美味しいところにいるので、これをコントロールキーに変更した。これでコントロールキーを使ったショートカットがバリバリ打てるようになる。
ついでにいうと、左⌘で英字入力、右⌘で日本語入力ができるように変更している。これはMacのJISキーボード仕様を真似てのこと。それだったらJISキーボードを買えばいいじゃん!ってことなんだけど、カッコつけてますのでUSキーボード使うぜ!

以上!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる