Google Meet VS Microsoft Teams VS zoom: 勝者はGoogle Meet

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回は大事な勝負なのに重要と思えるスクリーンショットが一枚もありません。業務上て使用していたので画面をお見せできないものばかりとなり、ちゃんと伝えられるのか不安ではありますが、ほぼテキストのみで頑張ってみたいと思います。
先週の月曜日のことですが、私が所属している会社がプレスリリースを発表したことで、タイトルにある3サービスを使って取材を受けることになりました。期せずして3サービスを比較することになり、その結果として「Google Meet最強!」と思った次第。ということで、紹介していきましょう。

目次

その前にカメラを使うときはレンズをきれいに拭いたほうがいいと思う

これは意外と大事なポイントだと思います。僕はiPhoneでもPCでも普通のカメラでも、撮影を始める前にレンズをチェックし、必要があれば拭いてから撮影を始めるようにしています。細かいことですが、写真や動画をきれいに撮影するコツはレンズがきれいなことです。今回、残念なことに3件の取材の相手方は、皆さんモヤが掛かっていたような状態でした。それはピントが合ってないとかではなくて、手の脂で汚れているような感じ。ノートPCのカメラを使っていたと思うのですが、画面を手で触ったりするのでしょうか?Windowsだとタッチパネルになっていたりするかもしれませんから触るんでしょうね。僕はMacBook Proということもあり、本来であればお世辞にも高性能なカメラというわけでありませんが、自撮りをしている映像を見る限りに置いては、圧倒的にきれいな画像だったように思います。カメラのレンズは拭きましょう!

Google Meet

毎週日曜日の20時から会社の幹部ミーティングが開かれます。このミーティングに使用しているのがGoogle Meet。使ってみてのメリットというか、今回比較できて初めて気付いたのが「繋がるのが早い」こと。Google Calendarのイベントをクリックすると写真のようなボタンが現れて押すと即繋がります。

気に入っているのが、ホスト(予定作成者)が参加していなくても始められること。Microsoft Teamsとzoomはホストが繋がるまで待たされましたので、そこがマイナス点なのかもしれません。気になるノートPCの負荷は、カメラを起動しているとMacBook Proのファンが回り始めます。これはメモリーイーターのChromeの起動に影響しているのかもしれません。回ると言いましても、会議の集中力が欠けるほどではありませんので及第点だと思います。画面共有も問題ありません。欠点は特にありませんが、セキュリティが気になることでしょうか。もっともセキュリティについてはオンラインミーティングで使われるサービスの全てに言えることかもしれませんが。

Microsoft Teams

Microsoftのサービスって、いろいろと「足りない」サービスが多い印象を持っています。OneDrive、OneNote、Outlook、言ってしまえばOfficeも洗練されてるとは言えない気がします。Microsoft Teamsもそんな「足りない」サービスのひとつのように感じました。ネット環境のせいとも思えないのですが、今回のサービス比較としては最低点と言わざるを得ません。とにかく画面がフリーズします。カメラに写っている相手方の映像も最初は「レンズ拭いたほうがいいですよ」と思っていたのですが、Microsoft Teamsが調子悪いのでzoomに切り替えたところ画質は大幅に改善しました。繋がりやすさ、画質、フリーズ等どれをとっても不満点ばかりのミーティングとなってしまいました。PCの負荷は軽かったように思います。ファンが回ることもなく、CPU温度は50度台で推移していました。それもフリーズするくらいに不調だったせいでPCへの影響が軽かったからかもしれませんけどね。いろいろと改善していただかないと、他のサービスに勝てる日は来ない気がしました。

zoom

オンラインミーティングと言えば、今やzoomです。オンライ飲み会ではなく、zoom飲み会という単語まで作り出されていますから、社会への影響力は大きいと思います。
さて、ある1点を除けば文句なくトップだと思います。実は今回始めてzoomを使ってみました。使う前の私のイメージ=世間の評判は「PC(特にMac)への負荷が大きくて、MacBook Proのファンがブンブン回る」だったのですが、ファンは全くと言ってよいほど回りません。都合1時間30分ほどのミーティングしたが、MacBook Proは静かなままCPU温度も50度台で推移しました。画像は「レンズ拭いてね」と思う方もいましたが、画像がきれいな参加者もいましたので、やっぱりレンズを拭くと普通にきれいだ思います。
ある1点は何かといいますと、いろいろと待たされるところです。結局、1〜2分は待たされたような気がします。相手の準備が悪かったのでしょうか?僕が何かクリックし忘れたのか、慣れてなかったから?3つのミーティングのいずれもzoomということになりましたが、最初に待たされたのが共通点。ということで。ちょっと残念だった思います。

Google Meetが一番良い結果というのは意外だったかも

zoomが一番いいかなと予想していたんですけど、Google Meetがトップというのは意外でした。僕がオンラインミーティングに慣れていなかったというのも原因のひとつかもしれませんが、逆に言うとみんながみんなオンラインミーティングに慣れているわけではないと思いますので、一番スタンダードな評価になった可能性も大きいですよねw
ということで、オンラインミーティング3サービス比較でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる