Apple WatchでiPhoneのロック解除ができるようになった

URLをコピーする
URLをコピーしました!

昨日、iOSが14.5へ、Watch OSが7.4へアップデートされたことにより、待望の機能が追加されました。

目次

Watch OSアップデートの障害

僕が持っているApple WatchはSeries 3ということでストレージが8GBしかありません。対してWatch OSアップデートサイズは3GBです。ほぼ何もしていなくてもWatch側のストレージが足りない事態となります。アップデートするために、まずApple WatchとiPhoneのペアリングを解除しなければならず、それによって「新しいApple Watch」として登録し直さなければなりません。これについては別に支障はありませんが、ちょっと不安になりますよね。そして、この作業がWatch OSのアップデートを億劫にさせる原因となっています。しかし、今回のアップデートはタイトルにあるようにApple Watchを手首にはめているだけでiPhoneロックを解除してくれますので、今のマスク社会でのメリットはとても大きい。ということで頑張ってペアリング解除からOSのアップデートまでやりました。かかった時間は2時間です。マジで心が折れそう。このApple Watchアップデート対策は根本的解決をしましたので、次回投稿を見てください。

使える条件は?

使えるようにする設定として、iPhone側で設定アプリ(歯車マークアイコン)>FaceIDとパスコード>Apple Watchでロック解除をオンにする必要があります。
そして、そこには、「マスクを着用していてFaceIDで顔を認識できないとき、Apple Watchへのセキュリティ保護された接続を使用してiPhoneをロック解除します。Apple Watchは通信範囲内にあり、手首に装着されていて、ロックが解除されており、さらにパスコードで保護されている必要があります。」と書いてあります。
まずは、Apple Watchがパスコードで保護されていて、手首に装着し、パスコードでロック解除しましょう。するとApple WatchでiPhoneのロック解除できるはずですが。。。

実際の使用感は?

意外と空振りが多いです^^;「あら?」
確率から言うと4回に1回は空振っている気がします。これは僕のApple WatchがSeries 3だからでしょうか?なんとか100回のうち99回ぐらいは成功してほしい気がします。もしSeries 3が原因?次回の根本的対策にご期待あれ!
それでも成功確率75%なら、諦めるか次のアップデートで成功確率が上がってくれることを祈るばかりです。
ということで、Apple Watch Series 3をお使いの方はロック解除の成功確率であまり期待しないほうが良いかもしれません。本日は以上です。

アップデート中のApple Watchです。バッテリーが50%以上残っていて、かつ充電しながら出ないとアップデートできませんので、いろいろと大変ですよねw

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる