iPad Pro入荷連絡後、次なるアップル製品の購入計画

URLをコピーする
URLをコピーしました!

本日は新型iPad Proの発売日となりました。僕が予約した11インチ iPad Proは5月20日にdocomo入荷ステータスになりまして、即購入手続きを取りましたが残念ながら5月21日に手に入れることはできません。それでも23日に届く予定ですので、気長に待ってみましょう。そして5年使います!今、手元にある9.7インチiPad Proがちょうど5年経過しますので、同じ時間保ってもらいたいと思います。

さて、そうなると次なるApple製品の購入を頭の中に入れておかなければなりません。なにせ、右から左に動かせる金額ではありませんので貯金が超大事です。ということで計画を練る練る練る練るw

目次

まずは手元にあるMacの整理

持っているのは13インチ MacBook Pro 2020、M1 Mac mini の2台です。両方とも5年は使いたいと考えているところです。
まずは新しいM1 Mac mini。やはり最新型のM1チップ搭載というところがミソでして、4月に発表された24インチ iMacにも搭載されている現時点での現役バリバリな機種です。年内により高性能なMacが出ると言う噂はありますが、M1 Mac miniは問題なく5年は使えると思います。
問題は13インチ MacBook Pro。このMacBook Proも第10世代のインテルCoreiプロセッサを搭載しているし、32GB積んで30万円超えたモデルですから、5年は使えると考えています。5年使っても1年6万円の減価償却ですので、ここは頑張ってほしい。

次に役割分担

  • MacBook Proは仕事に特化
  • Mac miniは動画制作などのパワーが必要な作業

動画を観る側から考えると、恐らくあと5年はフルHDでいけると思っています。世の中に4K、8Kテレビが溢れてくるでしょうけど、動画のメイン再生マシンはスマホかタブレットだろうし、モバイルデータ通信の利用が減るとも考えにくい。再生環境がそうなっている以上、それ以上のスペックで動画を制作するのは制作側の自己満足でしょう。

ということで整理すると、

M1 Mac mini 自宅のデスクでの作業・・・いずれメイン機に昇格
MacBook Pro・・・心のメイン機として持ち歩いていますけど(やはり重いので)、いずれオフィスに置きっぱなしにして
         仕事専用。

ということは、次のMacは「持ち歩いて」「仕事」と「動画制作」以外のことに使う!!!

これが次期Macの使用条件となるはずです。それと、もうひとつ頭に入れておきたいのが身体的衰え(特に視力)。
それで考えた場合にふさわしいMacは

16インチMacBook Airなんじゃね?

そんなの多分売り出さないしwwww普通に考えたら新しい13インチ MacBook Airですね。デザインが一新されるという噂(楔形デザインではなくなるとか)ですし、往年の愛機12インチ MacBookに近いサイズに13インチディスプレイを搭載するという話もあります。それだろうな。

こんな妄想をしている時が一番楽しいですよね(⌒▽⌒)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる