AutoFixer Pro 2018:迷惑アプリ(警告エラー型)

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

1.プロローグ

今朝方Windows10のアップデートが終了してChromeを起動すると、変な警告が出ました。

2.Windows10アップデート

Windows 10 version 1709「KB4089848 (OS ビルド 16299.334)」です。通信環境とマシンスペックによってはアップデートには少しばかり時間がかかりますが無事に終了しました。

3.その後Chromeを起動すると

「Windows10によってWindowsシステムが古くなり破損していることが検出されました。ファイルが削除されないように,指示に従ってすぐに修正してください。」という警告画面が出て、「AutoFixer Pro 2018」のダウンロードページに飛びます。ダウンロードまではしましたが、「これ本当なの?」と思ってググった次第です。

4.ありゃありゃ迷惑アプリなんだって

こちらを参照していただくと良いでしょう。

oshiete.goo.ne.jp

ダウンロードはしましたがインストールをする手前で気付きましたのでアプリのインストーラーをそのままゴミ箱に入れて終了。
しかし「有名な」迷惑アプリって書いてありますけど、一般的ではないですよね。自分が知っているから「有名」というのに違和感を感じます。こういうのを「上から目線」っていうのかな?僕も「自分が知っているから、みんな知っている」という前提で表現をしないように気をつけたいと思います。(知らないことを前提に話を進めることはありますがヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。)

5.タイミング良すぎ

Windows10のアップデート直後ですからタイミング良すぎだと思いません?
「バグがあるかもしれない」と覚悟している瞬間ですので、こういう警告が出ると信じてしまう人もいることでしょう。
そして僕自信のこの投稿。

あわせて読みたい
インターネットの基礎知識:パスワードは定期的に変更しなくていいいらしい プロローグ まずはこちらのサイトを紹介します。 国民のための情報セキュリティサイト 正直、こんなサイトがあるって知りませんでした 総務省が作成しているサイトがあ...

絶対に「アップデートが最大の防御!」のウラを狙った卑劣な手段です。

6.ダウンロードしても問題ないけど、もしインストールしてしまったら

「教えて!goo」に書いてるのがベストなのです。

・クレジットカード会社に電話して、クレジット番号を凍結する。
・決してソフト購入会社に問い合わせは、しないでください。
電話番号を知られてしまいます。
・システムの復元で、インストール前の環境に戻す。
私の環境は、Windows10ですが、システムの復元復元をしたら、インストールしたソフトも無くなりました。
・その後、念のためウイルス駆除ソフトを走らせました。

しかし、悪いことを考える人間がいるものですね。

7.エピローグ

みなさんもお気をつけください。

では、また次回!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる