1Password登録完了!でも時間もかかったし面倒くさかった

URLをコピーする
URLをコピーしました!

約100のパスワードを変更しました。そしてSafariとChromeに記憶させているIDとパスワードを削除して完了。結果は以下のスクリーンショットが物語っています。

これはChromeの画面ですね。しかし、100個のPasswordを変更するのは大変でした。ということで、今回はそんなお話です。

目次

時間がかかった

100個のIDとPasswordを変更するのに6時間ぐらいかかったと思います。6時間✕60分÷100=3分36秒・・・これが1個当りの変更時間です。作業を分解すると

  1. サイトを表示する
  2. ログインする
  3. アカウント情報からパスワード変更を探してクリック(場合によっては確認メールでパスワード変更専用サイトげ飛ぶ必要がある)
  4. 現行パスワードを入力する(必要ない場合もある)
  5. 新しいパスワードを入力する。このときに1Passwordを使用するのですが自動生成してくれたパスワードがそのまま使えることと、使えないことが半分ずつぐらい。使えれば問題なく「パスワードの変更を受け付けました」と出ます。
  6. 自動生成されたパスワードがそのまま使えないケースとしては
    1.長過ぎる(8文字、12文字、20文字の制限に対して24文字を使ってしまったりとか)
    2.記号が使えない。もしくは使える記号が限られている。
    3.1と2の場合、1Passwordのウインドウを画面上に出してパスワードを編集して短くしたり記号を使わなくする。
  7. ⑥の際に「新しいパスワード入力欄」と「確認の為もう一度入力する欄」へのペーストができないことある。
  8. 最悪の場合、長いランダムなパスワードを手で入力して変更する。

ということなりました。

確かに変更後は楽になるけど作業は大変

⑥⑦⑧に時間が取られました。上手く入力できないときの解決策を考える時間もかかります。
「1Passwordは便利!」という記事はたくさん見かけますが、「作業が大変!」という記事はあまり見かけません。
なので僕は力強く言いたい!

作業が大変です!!!!!!

変更後は楽ですけどね。

生涯続くサブスクリプション地獄

僕は直接契約を選択したのと年間契約にしましたので39ドル47セントでした。4,340円/年、362円/月ぐらいの金額になります。為替が円高になることはあっても円安にはならないでくださいwこれが、僕がデジタル機器を使う間ずっとかかることになります。保険ですからね。何もなくて当たり前ですから。安心と記憶力低下の必要経費なんですよ。
と、自分に言い聞かせています。

ということで、今回はこれにて終了です。またお会いしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

チームワークを得意とする介護業界に勤めるサラリーマン。Macで仕事をしていますが、それだけでモチベーションが上がります。時々、山に登ります。コタローという名の保護猫を飼っています。ゆったりマイペースで参りますので、よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる